先ずお客様は想像したり、俗説をしたり、決め付けることが好きなのです。

思うのですが、「ハズ」という言明において要るものは、本当に濃いものがあると思うのです。とあるそれぞれは、その言明は単なる感じだと思うでしょう。仮に「ハズ」と言っているそれぞれが興奮していたら落ち着けることでしょう。まだ分かっていないことや、はっきりしていないことを自分に思い込ませていらっしゃるから、とあること始末の悪い人情です。一方的な感じだからだ。「ハズ」といったことと向かって言われたといった行なう。とあるそれぞれは肯定するかもしれません。とあるそれぞれは怒り押し流すかもしれません。ただ、ひょっとしたら、という想定が湧いて来ることもあります。状況次第なのですが「ハズ」という人の中に、安心な見聞コレクションをし、考えて導き出した上でそう言うそれぞれがいる。但し、どこまでいっても予想だ。確かめるためには探偵のように場合根拠を揃えなければなりません。そこでとうとう、やっぱ当たっていたじゃないか」と言うことができます。身の回りにおいては、こういう「ハズ」は人情に乗って来て、さ迷うことがありそうだ。「ハズ」が「そうよ」となって自己を困らせる形態だ。一番近いものは「世論」での伝達だ。こういう伝達は身近なケースを見る限り「罪深い」というのです。

先ずお客様は想像したり、俗説をしたり、決め付けることが好きなのです。